WORKS

  • ちびっこうべ2016
    ユメミセワークショップ

    デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)で2年に一度行われている子どもと夢のまちを作るイベント『ちびっこうべ』に今回も建築家チームで参加。神戸元町の豚饅屋「老祥記」の豚まんを販売。

ちびっこうべ2016
ユメミセワークショップ

  • ちびっこうべ2016
    まちづくりワークショップ

    ちびっこ宮大工 
    子供たちが夢のまちをつくる「ちびっこうべ」は『ユメミセプログラム』と『まちづくりプログラム』があります。

    まちづくりプログラムでは子供たちと、ちびっこ神社の鳥居を作りました。

    鳥居の材料は「紙管」。ラップなどの芯に使われている紙管の大きいものを使いました。

    作る技術、工程は木造と同じ。

    1.床に原寸図を描く

    2.材料に加工のための線を引く(墨付け)

    3.材料を加工する(刻み)

    4.加工した部材を組み立てる(建て方)

    無事完成し子供たちも満足そうでした。

    http://kiito.jp/chibikkobe/

    http://kiito.jp/chibikkobe/instagram/

ちびっこうべ2016
まちづくりワークショップ

  • 20151021 小学校での大工教室

    神戸市内の小学校で、児童に伝統的な大工技術の授業を行いました。

20151021 小学校での大工教室

  • 2015 淡路島 ユカハリ ワークショップ

    淡路島の古い木造の薬品工場の床を、ワークショップで覚えながら仲間と張り替える。
    古い床を解体し、新しい板をヤリガンナで削る。
    初めてつかう道具でも夢中で削っていると、いつの間にか削れるようになっている。
    途中バーベキューでエネルギー補給。
    最後はスチールパンバンドのライブで疲れを癒す。

    Photo by Hikaru Yoshikawa

2015 淡路島 ユカハリ ワークショップ

  • 2015 大阪狭山の階段

    木製ストリップ階段

    住宅メーカーが自社製品の階段しか取り付けられないため、階段だけを製作。

2015 大阪狭山の階段

  • 2015 軽トラ茶室「BARワラワラ」

    大工、茅葺職人、左官、建築家、庭師、茶人の共同作品。

    キツネモリが大工/実施設計を担当。

    走行時は屋根を折りたたみ、お茶をたてたい場所で借景。

    茶室に入るには階段を昇り、にじり口から中に入ります。

    夜はBARに変身。

2015 軽トラ茶室「BARワラワラ」

  • 2014 やりがんなワークショップ@OCT


    古代の道具「やりがんな」で木の表面を削り、素材を感じるワークショップ。

2014 やりがんなワークショップ@OCT

  • 2014 むすぶかいだん

    茅葺き職人 相良育弥邸の階段架け替えプロジェクト。
    むすぶ、ムスブ、結ぶ。

2014 むすぶかいだん

  • 2014 ちびっこうべ 2014

    KIITO ちびっこうべ 2014「ユメミセワークショップ」にクリエイターとして参加。

2014 ちびっこうべ 2014

  • 2014 やりがんなワークショップ@とものいえ

    やりがんなを通してモノヲツクルコトを楽しむ・考えるワークショップ。

2014 やりがんなワークショップ@とものいえ

  • 2006 妙重寺山門

    中世の様式による四脚門新築 大工棟梁

2006 妙重寺山門

  • 2004 妙重寺本堂

    古代工法による本堂新築 大工参加

2004 妙重寺本堂

  • 2002 重要文化財S寺

    重要文化財半解体修理 大工参加

2002 重要文化財S寺